ホームページの役割

1人1台スマホを持ち歩いている時代、飲食店もマッサージ屋さんも電気屋さんも必ずネットで調べて店を選びます。
ネット上で見当たらない店やサービスは、世に存在しないと同義ぐらいの扱いとなっております。
制約の多いSNSや大手メディアサイトと違い、自社ホームページは自分の店舗やサービスの魅力を100%お客様に伝える手段のひとつです。
商売をしているなら必ず所有しておかなければならないと言っても過言ではありません。

SNSではダメなのか

業種やターゲットユーザー層によってはかなり効果があります。
しかし、スイーツやかわいいもの、素晴らしい景色などが商品の場合は「映え」が通用しますが、病院や水道工事屋さんをSNSで探すことはありません。

また、SNSを利用していないユーザーには情報を届けることができないことも悩ましい点です。

ホームページであればアカウント作成やログイン不要でいつでも誰でもどこでも検索でたどり着くことが可能です。

SEO対策の大切さ

例えば、マッサージ屋さんに行きたいと思った時にほとんどの人はGoogleやYahooで「姫路 マッサージ」と検索するのではないでしょうか。

馴染みのマッサージ屋さんがあれば、そのお店を予約するための電話番号を調べるのに検索してませんか?

というように、人は調べごとがあればすぐに検索をします。
検索した時の検索結果で上位表示させることをSEO対策といいます。

先ほどの例「姫路 マッサージ」で検索した時に上位表示しているのは、ホットペッパービューティーや楽天ビューティーなどの大手広告サイトが目立ちます。
が、ユーザーもバカじゃないので、広告費払ってる店舗を優先的に見せてくるサイトにうんざりしてます。
なので、自然と大手メディアや広告サイトは目に入らないようになってきております。

そういったことからも、ホットペッパーや食べログ等大手サイトが上位にいるキーワードであっても臆することはありません。ユーザーはけっこう無視してます。検索結果で1位を目指さなくてもクリックしてもらえる時代になりました。

ホームページにアクセスしてもらう方法

せっかくホームページを作っても、アクセスしてもらえなければ意味がありません。
でも、アクセスといっても集客方法によって効果は様々です。
集客方法ごとにどのような特性があるのかを知っておきましょう。

SNS

SNSはもっとも手軽にできる自社PR方法です。アカウントを作って情報を発信するだけです。
ただし、たかがSNS、されどSNSです。炎上の火種はいつもSNSから始まります。
いくつかのSNSの特徴を書きます。

Instagram

若者や女性を中心に活用されております。
芸術的な要素が多い職種の場合はけっこう効果が出ます。
運用もテキストを読むというよりも、写真や動画で伝えるので、女性をターゲットにした商品であれば絶対にやるべきです。
必殺「ハッシュタグ」でいいねを集めまくりましょう。

Facebook

おじさんのSNSと言われ続けているFacebook。
実名顔写真で運用している人が多いので、下手なことを書けないという制約はあるかも知れませんが、大きなお金を動かす際に自分(個人)をブランディングするには最適なSNSだと思います。
自分を生贄にできる人は実名顔写真でどんどん運用しましょう。

Twitter

Twitterワールドは基本的に民度低いです。
ターゲットユーザーが「シャイ層」「オタク層」であれば効果は絶大です。
匿名性が高いので、気軽にいいねやリツイートしてくれるのでバズりやすいです。
ただし、炎上はいつもTwitterから!と言われているように、運用方法を間違えた際のリスクは大きいかも知れません。
よくあるのが、担当者の個人アカウントと間違えてアホな投稿してしまって炎上するパターン。Twitter担当者の任命は慎重にどうぞ。

TikTok

ターゲットユーザーが「中高生」や「アイドルオタク」に限り、多少の効果はあると思います。
知り合いでTikTokしてる人2人しか知りません。。。

こんな感じで、SNSにもいろいろあります。
体感として、ホームページへの集客に優れているのはFacebookとTwitterです。
Instagramはテキスト内にリンクを貼れないので、ホームページに誘導するにはいろいろ工夫が必要です。

リンク経由

他サイトに貼られた自社ホームページへのリンクからの集客です。
これは「他サイトから自社サイトが評価されている」ということで、SEO対策にもなっております。
できるだけたくさんの被リンクを得ることで検索結果で上位表示されるようになるのですが、これを利用した悪質なスパムやSEO業者も存在するので、騙されないようにしましょう。

広告

GoogleやYahooの広告経由での集客です。
インターネットに慣れている人は、広告は目に入らないようになっているので、広告流入=インターネットに不慣れと判断してもいいかも知れませんね。
インターネットに不慣れな人=他サービスとの比較検討が苦手な人と言い換えることもできますので、一般市民向けサービスを広告で集客するというのはかなり効果は期待できそうです。
よくあるのが、「クレジットカードの申し込み」や「サプリメント」等です。
当たり前ですが、広告を出すには費用がかかります。人気のあるキーワードで広告を出すと、1クリック2000円かかったりもします。
広告運用についてもお気軽にご相談ください。

検索

人は何か調べごとがある時に検索を行います。
検索のほとんどが不安や悩みから生じた行動なので、検索からのホームページ流入は比較的成約に繋がりやすいです。
検索した時に検索結果上位表示できてればそれだけお客様の数が増えるので、SEO対策に力を入れなければいけないということです。

ダイレクト

ダイレクト流入というのは、ユーザーがブラウザのアドレスバーに直接ホームページのURLを打ち込んでくれたり、ブックマークからアクセスしてくれる流入です。
これはもう完全に自社のファンです。(または自社スタッフとか関連する人)

このように、たくさんの方法を駆使してホームページにアクセスしてもらう必要があります。
自社のターゲットユーザー層さえしっかり把握できていれば、どの集客方法に注力すればいいかが見えてきますね。

TOP
TOP