自分でホームページを更新したいんですが、更新方法を教えてもらえますか?

ブログ更新は誰でもできる時代

もし、WordPressで作られたホームページであれば、投稿(ブログ)ページならアメブロ感覚で誰でも簡単に更新作業を行うことができます。
これは、複雑なプログラムの知識がなくてもWordPressが標準で装備している「ビジュアルエディター」が使えるからです。
ビジュアルエディターを使うと、画像やテキストを実際に公開する時と同じように表示させながら編集することができます。

しかし、ホームページ制作業者に作ってもらった固定ページ等は、複雑なプログラムが埋め込まれてる場合、「ビジュアルエディター」の使用を不可とし、「テキストエディター」しか使えないように設定されている可能性があります。
このような状況下では、HTMLやCSSというホームページを作る時に使用するプログラム知識が乏しいと、非常に厳しいです。
そうです。テキストエディターでは画像はのようにHTMLプログラムでしか表示されません。

もし、HTMLを理解しないままテキトーな作業を行うと、ページがぐちゃぐちゃに崩れる可能性が高いです。

WEBの担当者なら簡単なHTMLは覚えるべき

WEBマーケティング全盛期です。自社ホームページの運用をするにあたり、プロレベルでプログラムを学ぶ必要はありませんが、簡単なHTMLは老若男女問わず、学んでおくことで情報発信の幅が大きく広がります。

SNSであれば特にスキルがなくても情報発信は可能ですが、SNSそれぞれのプラットフォーム上での制限があるので、発信する内容やボリュームも制限されます。少し話はそれますが、どんな業種でもSNSを極めれば必ずWEBマーケティングに役立つので、興味がある方は勉強しておいてソンはありません。
求人は全てSNSなんて企業もあるぐらいです。

ホームページ運用においてHTMLを理解していると、「ここをクリックしたらPDFをダウンロードできるしよう!」「ここは重要な部分なので太赤字にして文字サイズも大きくしておこう!」「ここのリンクは別タブで開くようにしておこう!」などなど、マーケティング手法の幅が広がります。

「知らない」と「知っている」で売上が大きく変わるので、自社ホームページを運用しているのであれば、社内に一人でいいので簡単なHTMLぐらいは読み書きできるよう勉強しておきましょう!

最近ではYouTubeでもたくさんの勉強動画がアップされておりますが、プログラミングの基礎的な部分を勉強できるWEBサービスも多く展開されております。初心者の方はProgateがおすすめです。

ロケットチョップでは、頻繁に更新作業が発生するような箇所についてはしっかりとお教えさせていただきます。場合によってはマニュアルを作成したり、複雑な長文プログラムの一部だけを別枠で作り、編集部分をわかりやすくしておいたりしております。
クライアントがホームページ運用していくにあたって後々困るであろう部分を事前に潰しておきます。

ロケットチョップは「困った時、親身になって助けてくれる存在」であり続けます。

関連記事

ブログ

よくあるご質問

TOP
TOP