WordPressって難しいんですか?

WordPressとは?

オープンソースのブログソフトウェアです。
アメブロやラインブログ、note等と違い、自分でサーバーやドメインを用意したうえで、サーバーにデータをアップロードしてインストールする必要があります。
カスタマイズ性が高いことから世界的にユーザーが多く、全WEBサイトの約40%がWordPressで構築されていると言われております。また、全CMS(WEBサイト更新システム)の約65%がWordPressです。数値を見る限り圧倒的なシェアですね。

ホームページを運用する側

WordPressの一番のメリットは、なんと言ってもホームページの更新が簡単なことです。
もし、WordPressのようなCMS(コンテンツマネジメントシステム)を使っていないホームページの場合、ブログ記事をひとつ投稿するだけでもHTMLとCSSというホームページを作成するためのプログラミング技術が必要となってきます。
もちろんですが、サーバーにアクセスし、都度ファイルをアップロードしなければなりません。
そんなことを20年ほど前までは普通に行っていたのですが、令和の時代にそんなホームページ運用をしているのは阿部寛さんぐらいじゃないでしょうか。

とにかく、WordPressを使うと、ブログの更新が視覚的で簡単に行えます。アメブロやnoteのような間隔です。

メニューやカテゴリの追加も非常に簡単です。

ホームページを作る側

ホームページ制作業者的にとってもやっぱりWordPressは助かります。
デザインテンプレートを適用するだけで、簡単に素晴らしいホームページを作ることが可能です。
なので、少し知識があれば簡単にWordPressサイトは作れます。
ただし、自分好みにカスタマイズする場合、一気にハードルが上がります。
簡単なHTMLやCSSだけではなく、PHPやWordPressの関数、データベースなんかの知識も必要になる場合があるので、素人さんにはまず不可能だと考えておいたほうがいいです。
カスタマイズに目覚め始めると、function.phpというファイルを触ることもあると思いますが、1字間違えるだけでサイトが真っ白になって管理画面にアクセスすることさえできなくなります。
こんな状況に陥っても落ち着いて修正できるぐらいには知識が無いと、しんどいでしょうね。

なので、もしアフィリエイトをしたい!という思いから自分でWordPressを使ってホームページを立ち上げるなら、アフィリエイトに最適化されたテーマ(デザインテンプレート)をカスタムせずに使うのがベストです。
花屋さんであれば、花屋さんに適したテーマを使う。
水道工事屋さんであれば、それに適したテーマを使う。そんな運用なら問題ないと思います。
有料テーマでも10,000円〜50,000円程度で購入できます。

WordPressで大変なのは保守管理

どんな世界でも大変だと思いますが、WordPressでも保守管理は大変です。

例えば、定期的にやってくるWordPress本体、プラグイン、テーマの更新。
更新はセキュリティ対策のためにも必ず行ったほうがいいのですが、一気に使い勝手が変わってしまうこともあります。また、頑張って書き換えたプログラムが振り出しに戻る経験をされた方も少なくないのでは?

テーマに関しては子テーマを作って運用等すれば、更新でデザインに与える影響は少ないと思いますが、本来更新しなくてはいけないファイルを更新できないということも発生します。

そして、本当になぜかわかりませんが、ハッカーによってホームページ内にウイルスを仕込まれることもあります。

本格的に商売でホームページを運用する場合

商売で本格的にWordPressを使うのであれば、必ず保守管理に知識のある人を置くことをおすすめします。
先述の通り、WordPressを素人さんのみで運用していると、「急にサイトが消えた!」ということが度々起こります。
また、アクセス解析ができないと、せっかく集客できているホームページの価値を見落としがちになり、機会損失を生んでいることにすら気づけません。
ホームページは24時間働く営業マンです。どんどん働かせてやりましょう!

ロケットチョップでは、保守管理だけでなくアクセス解析やSEO対策、セキュリティ対策も行うことが可能です。
本気で集客して売上に繋げるホームページを運用しようと考えている方は、ぜひお気軽にご相談ください。

関連記事

ブログ

よくあるご質問

TOP
TOP